山登り

厳冬期を過ぎた「白毛門」

投稿日:2014年3月16日 更新日:

2014年第4弾は厳冬期は過ぎちゃったけど白毛門に登ってきました!

 本当は厳冬期に登りたかったけど、ズルズルとこんな時期になったしまったが登りに行ってきました。絶好の登山日和で頂上は快晴・無風で踏み跡もしっかりしていて、夏山より登り易いんじゃないかな~!先週雲取山に登っていたので登山体力が回復傾向で調子よく登れ登山届ポストから頂上まで3時間10分で登れた。去年の11月に2時間50分で登っているのでほとんど同タイムで登れた。

 ルートには雪庇があったりするけどほとんど危ない所なく問題なし。
但しこれから暖かくなると底雪崩の可能性も増えて来るし自己責任で・・・・・



土合駅に車を駐車。




土合駅から白毛門登山口まで道路を300mほど進む途中に踏み切りを越える。





道路の途中から白毛門が輝いていた。




夏場は白毛門登山の駐車場となる場所。




駐車場先に登山ポストがあるがこれじゃ入れられない。




東黒沢に架かる橋の上にも当然積もる。ココが一番の難所かも




アイゼンを履いていないとチョッと怖い。




ココから急登が始まる!ココにもテント




最初の急登を登りきったところに雪が張り出していた。これが落ちたら・・・




ココから頂上まで尾根沿いの急登がひたすら続く。




木の隙間から谷川岳が見れるようになる。




ひたすら急登!




頂上まで踏み跡がしっかり残っている。たまにスキーの跡が。




登山道が開けて松ノ木沢の頭と白毛門頂上が見えてきた。



凄い雪庇の張り出し方。。



雪庇の上を歩かないように。。




雪庇の場所は樹林側を歩くので枝が邪魔。




松ノ木沢の頭直前の急登。傾斜がきつくて辛い登り




葉を落とした木が雪の中の良いコントラストとなる。





振り向くと土合駅がはるか下に!




左側には最大の雪庇?




登りきった場所にも小さな雪庇があった。これでも落ちてきたら命の保証はない。。




向かいには天神平スキー場。




雪庇の脇を登って行く。




登りきったら目の前が松ノ木沢の頭。その先に白毛門。




ココも雪庇を避けるように頂上まで踏み跡が綺麗に繋がっている。




右側の斜面には雪に大きなクラックが。




松ノ木沢の頭でストックをピッケルに持ち替え白毛門を目指して登って行く。




白毛門頂上に向かう最後の登り。




あと少し・・・




最後の急登を登りきると頂上が目の前に見えてきた。




頂上到着。白毛門から谷川岳の雄姿!




白毛門から先に踏み跡なし。




朝日岳と笠ケ岳




頂上で登山者が登って来るのを待って登山者の背景に谷川岳!




下山開始するとぞくぞくと登って来る。




松ノ木沢の頭を目指して下山開始。




最後に谷川岳の雄姿をもう一度。




雪庇に気を付けながら下って行く。




12:46下山完了。




【雑感】

厳冬期に登る予定だったけどココの豪雪は半端なく1月の後半からは多分無理だったと思う。
また来年機会があれば1月の前半に再チャレンジするかも?
しかし先週の雲取山の方が何倍も疲れた・・・


参考になった! 面白かった!と思った方は ρ('-'* ) ポチッとお願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  にほんブログ村
 ← こちらもお忘れなく!^^ 登山 ブログランキングへ
 

-山登り

Copyright© Digital-Nature-Photo.com , 2019 All Rights Reserved.