撮影

蓼科山_PHOTO GALLERY

投稿日:2018年12月8日 更新日:




訪問日:19-FEB-2016

概要 ※ウィキペディアより

 八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2,531mの火山。 円錐形の美しい山容から諏訪富士(すわふじ)とも呼ばれる。しかし、北麓側では「諏訪富士」とは言わず、多くの別名がある。山体は八ヶ岳中信高原国定公園に含まれる。日本百名山のひとつ。
 頂上部は大きな溶岩で覆われているため、樹林が育たず360度の展望がある。また、頂上には蓼科神社の奥社があり、登山口にあたる七合目にその鳥居が立つ。この山域では針葉樹林帯が帯状に枯れる縞枯れ現象が見られるが、この山でも南西斜面にのみこの現象が現われている。
 蓼科山にはビジンサマという名のものが住んでいるという伝承がある。姿は球状で、黒い雲に包まれ、下には赤や青の紙細工のようなびらびらしたものが下がっており、空中を飛ぶ。これが山を通る日には人々は山仕事をやめるという。山神信仰において、山神の祭日に山仕事をやめる風習がしばしば見られることから、このビジンサマも山神の類と解釈されている。

登山記録

日本百名山No.63「蓼科山」登山記録

2016年第3弾は日本百名山の「蓼科山」に登ってきました! 日本百名山49座目  前回の四阿山・武尊山に続いて今冬登る予定だった「蓼科山」。  円錐形の山容は独特で、八ヶ岳に含まれそうで含まれていない ...

続きを見る

PHOTO GALLERY




















































にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 参考になった方もポッチっとお願いします。 にほんブログ村
 ← こちらもお忘れなく!^^ 登山 ブログランキングへ
 

-撮影
-

Copyright© Digital-Nature-Photo.com , 2018 All Rights Reserved.