Digital-Nature-Photo.com

酒と登山とカメラと写真とチョッとだけ仕事の日々

山登り

16回目の「雲取山」登山記録

投稿日:2019年10月3日 更新日:

雲取山

雲取山(くもとりやま・くもとりさん)は、東京都・埼玉県・山梨県の境界にある標高2,017.13mの山。

 秩父多摩甲斐国立公園の代表的な山の一つで、日本百名山に選ばれている。1都2県にまたがるとともに、東京都の最高峰・最西端の山でもある。山頂には一等三角点が設置されている。見晴らしが良く、周辺の山々のほか富士山・南アルプス・関東平野方面なども見ることができる。妙法が岳、白岩山とともに三峰山の三山の一つである。

 

登山日:2019年9月27日(金)

今回も小袖乗越に車を止めて頂上をピストンする。

 

雲取山にはこれまで15回登っているが、登山体力維持の山として登っていて小袖乗越の登山道入り口から頂上まで2時間30分以内で到着する事を目標として登っている。と言っても体調が良い時にしか目標を達成できないので、実質3時間以内目標であわよくば2時間30分て感じだ。

 

7時45分小袖乗越到着。平日だけどそこそこ車が止まっている。

 

トイレが設置されて車中泊もできるゾ

 

ココから頂上までが計測時間。8時10分スタート

 

廃屋。15回も登っていると同じ写真になってつまらない。

 

杉並木は気持ちいい!

 

七ッ石小屋に荷揚げする歩荷さん

 

水場。ココまで30分を切ると2時間30分が見えてくる。
でも今回は40分掛かったのでこの時点で2時間30分は諦めた。

 

水量豊富♬

 

分岐を七ッ石小屋に向かう

 

七ッ石小屋。通年営業で裏には狭いけどテント場と綺麗なトイレがある。

 

少し登ると七ッ石小屋の水場
ココから七ッ石山には登らずに巻き道を通る。

 

ブナ坂。ココから景色の良い稜線歩きが始まる。

 

チョッパーの木

 

閉鎖された奥多摩小屋

 

残念だがテント場も閉鎖された。

 

小雲取山を越えて避難小屋が見えてきた。

 

11時20分頂上到着。あれ!3時間10分も掛かってしまった。

 

避難小屋で昼飯を食べて下山開始。

 

この稜線はいつ来ても気持ちいい!

 

途中で鹿の親子と遭遇。

 

杉の切り株にナメコ?

 

【雑感】

 本当は二百名山の女峰山に登るつもりでいたが訳あって雲取山に変更した。ココはいつ来ても楽しくてきつい山登りとなる。

 

参考になった! 面白かった!と思った方は ρ('-'* ) ポチッとお願いします。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  にほんブログ村
 ← こちらもお忘れなく!^^ 登山 ブログランキングへ
 

-山登り

Copyright© Digital-Nature-Photo.com , 2019 All Rights Reserved.